• English
  • Home
  • サイト内検索

AGCコーテック > CSR情報 > 環境への取り組み > チャレンジ25

CSR情報 CSR Information

チャレンジ25環境への取り組み

未来が変わる。日本が変える。チャレンジ25

AGCコーテック株式会社は、環境省の推進する地球温暖化防止の国民運動「チャレンジ25キャンペーン」に参加しています。 「チャレンジ25キャンペーン」とは、「2020年までに温室効果ガス25%削減」の目標にむけて温暖化防止を推進していくための国民的プロジェクトです。

関連リンクチャレンジ25キャンペーン公式Webサイト

AGCコーテックの活動内容

冷房は28℃・暖房は20℃に設定しよう
  • クールビズ・ウォームビズ活動を奨励しています。
    年間通しての行動規範(AGCグループ)
  • 冷暖房の設定温度を決めています。

    4~6月=25℃ / 7~9月=28℃ /
    10~11月25℃ / 12~3月=20℃

エコ製品を選んで買おう
グリーン購入(環境負荷の少ない商品を選ぶこと)を推進しています。
全場所で、毎月の購入実績の統計を取っています。
アイドリングをなくそう
営業車使用時に、エコドライブを奨励しています。
エコドライブ10のすすめを推進。

詳しくはこちらエコドライブ10のすすめ

コンセントをこまめに抜こう
電力使用量の削減に努めています。

全PCに省エネ設定をし、電気使用量の削減に取り組んでいます。

使用頻度の低い部屋の点消灯の徹底を行っています
(会議室・応接室・喫煙室・給湯室)。

蛇口をこまめにしめよう
各自の意識改革による実行
給湯室・トイレにおいて実行しています。
その他の活動による温暖化防止
  • 環境対応型商品の開発・販売を通じてCOを削減。

    環境をキーワードとした商品の開発・販売を推進しています。

  • ISO活動で「紙」の使用量に削減目標を立て取り組んでいます。

    両面印刷、割り付け印刷、ペーパーレス発表などの活動を推進。

  • カタログに使用するインク・紙のエコ化。名刺に使用している紙のエコ化。

    カタログ・名刺の製造時にFSCや再生紙などエコ用紙を使用しています。

エコドライブをすすめよう

次のような「エコドライブ10のすすめ」(エコドライブ普及連絡会制定)を参考にして運転しましょう。
できる項目から実施し、無理なく継続することが大事です。
実際の運転では、車の流れにのり交通法規を守り安全優先で走行しましょう。

ふんわりアクセル「eスタート」

やさしい発進を心がけましょう。

普通の発進より少し緩やかに発進する(最初の5秒で時速20kmが目安です)だけで11%程度燃費が改善します。 やさしいアクセル操作は安全運転にもつながります。時間に余裕を持って、ゆったりした気分で運転しましょう。

加減速の少ない運転

車間距離は余裕をもって、交通状況に応じた安全な定速走行に努めましょう。

車間距離に余裕を持つことが大切です。車間距離を詰めたり、速度にムラのある走り方をすると、加減速の機会も多くなり、その分市街地で2%程度、郊外で6%程度燃費が悪化します。また、同じ速度であれば、高めのギアで走行する方が燃費がよくなります。交通の状況に応じ、できるだけ速度変化の少ない安全な運転をしましょう。

早めのアクセルオフ

エンジンブレーキを積極的に使いましょう。

エンジンブレーキを使うと、燃料の供給が停止される(燃料カット)ので、2%程度燃費が改善されます。停止位置が分かったら、早めにアクセルから足を離して、エンジンブレーキで減速しましょう。また減速したり、坂道を下るときにはエンジンブレーキを活用しましょう。

エアコンの使用を控えめに

車内を冷やしすぎないようにしましょう。

気象条件に応じて、こまめに温度・風量の調整を行いましょう。特に夏場に設定温度を下げすぎないことがポイントです。外気温25℃の時に、エアコンを使用すると、12%程度燃費が悪化します。

アイドリングストップ

無用なアイドリングをやめましょう。

10分間のアイドリング(ニュートラルレンジ、エアコンOFFの場合)で、130cc程度の燃料を浪費します。待ち合わせや荷物の積み下ろしのための駐停車の際にはアイドリングを止めましょう。

暖機運転は適切に

エンジンをかけたらすぐ出発しましょう。

現在販売されているガソリン乗用車においては暖気不要です。寒冷地など特別な状況を除き、走りながら暖めるウオームアップ走行で充分です。暖機することにより走行時の燃費は改善しますが、5分間暖機すると160cc程度の燃料を浪費しますので、全体の燃料消費量は増加します。

道路交通情報の活用

出かける前に計画・準備をして、渋滞や道路障害等の情報をチェックしましょう。

1時間のドライブで道に迷って10分余計に走行すると14%程度の燃費悪化に相当します。地図やカーナビ等を利用して、行き先及び走行ルートをあらかじめ計画・準備をしましょう。また道路交通情報をチェックして渋滞を避ければ燃料と時間の節約になります。

タイヤの空気圧をこまめにチェック

タイヤの空気圧を適正に保つなど、確実な点検・整備を実施しましょう。

タイヤの空気圧が適正値より50kPa(0.5kg/cm2 )不足した場合、市街地で2%程度、郊外で4%程度、それぞれ燃費が悪化します。また、安全運転のためにも定期的な点検は必要です。

不要な荷物は積まずに走行

不要な荷物は積まないようにしましょう。

100kgの不要な荷物を載せて走ると、3%程度燃費が悪化します。車の燃費は荷物の重さに敏感です。運ぶ必要のない荷物は、車から下ろしましょう。

駐車場所に注意

渋滞などをまねくことから、違法駐車はやめましょう。

交通の妨げとなる場所での駐車は交通渋滞をもたらし余分な排出ガスを出させる原因となります。平均車速が時速40kmから時速20kmに落ちると、31%程度の燃費悪化に相当すると言われています。

データ出所 : (財)省エネルギーセンターなどの測定結果

ページトップへ

Pickup contents

  • 住宅の塗り替えをお考えの方へ
  • マンション/ビルの塗り替え フッ素塗料の塗り替えが可能!
  • 施工例
  • 遮熱フッ素樹脂塗料 ボンフロン サンバリア®
  • 高耐候性常温硬化型フッ素樹脂塗料 ボンフロン®とは
  • ボンフロン®の環境対応性能 環境負荷を低減

Related site

  • AGCコーテックは、旭硝子(株)を中核としたAGCグループのグループ企業です。

(c) AGC COAT-TECH CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.