• English
  • Home
  • サイト内検索

AGCコーテック > 製品情報 > 環境負荷を低減 > 省エネ・CO2削減

省エネ・CO2削減環境負荷を低減

太陽熱高反射(遮熱)塗料で、省エネ・CO2排出量削減!

ビルイメージ

夏の太陽光は、屋根・屋上の表面温度を50?80℃にまで上昇させます。直射日光の当たる外壁も暖められ、それらの熱が室内に伝わり室温を上昇させています。
建物自体の温度を上昇させるのは太陽光の中の熱線(赤外線)の仕業です。
赤外線は物体に当たると熱エネルギーに換わって物体を熱くしてしまいます。

太陽熱高反射(遮熱)塗料のボンフロンサンバリアは、この赤外線を高能率で反射して建物自体の温度上昇を抑制し、結果として室温の上昇も抑える効果があります。
さらに、建物の温度上昇が低くなることでビルやマンションの蓄熱量が減って、夜間の放熱が少なくなります。いわゆるヒートアイランド現象の対策にも有効です。

冷房負荷を低減して、CO2排出量を削減。省エネ効果も。

ボンフロンサンバリアは熱線を反射します

太陽熱高反射(遮熱)塗料のボンフロンサンバリアを屋根に塗った場合のシミュレーションでは、冷房負荷が軽減されて、

CO2排出量を21%削減

する効果が期待できます。
省エネルギー、省電力も実現してコストの削減にもつながります。

CO2排出量削減率シミュレーション結果

冷房熱負荷 電力 CO2排出量
(MJ/年) (kw・h/年) 消費電力(kw・h/年) 電力コスト(円/年) (kg/年)
サンバリア 113.036 31.401 10.467 136.073 4.449
従来型塗料 142.290 39.528 13.176 171.289 5.600
削減量 29.254 8.127 2.709 35.216 1.151
削減率(%) 21% - 21%

【計算条件】

  • 消費電力の単価は1KW・h当たり13円として電力量料金のみ(基本料金は除く)を計算しました。
    (電力の単価は受電の状況によって異なります。)
  • 消費電力はエネルギー消費効率(COP)を3として計算しました。
  • CO2排出量は0.425kg/KWhとして計算しました。

シミュレーション条件

項目 条件
地域・気象条件 東京の気象データを基に計算しています。
比較条件 屋根のみをサンバリアと従来型の塗料(N-4 グレー)で比較し、
外壁は同一の塗料(淡色 N8)を想定しています。
エアコン
運転条件
設定温度 26℃
使用期間 6月~10月
使用時間 9時~20時

屋根:ステンレス / 板厚 3mm / 面積 300m2
外壁:フレキシブルボード / 板厚 4mm / 面積 52m2×4
床:普通コン / 厚さ 150mm / 面積 300m2

※本シミュレーションは、標準気象データと、熱負荷計算プログラムLESCOM(著者:武田 仁 発行所:(株)井上書院)を使用して計算を行いました。

※掲載している数値は弊社測定値であり、保証値ではありません。

機能性塗料

ページトップへ

Pickup contents

  • 住宅の塗り替えをお考えの方へ
  • マンション/ビルの塗り替え フッ素塗料の塗り替えが可能!
  • 施工例
  • 遮熱フッ素樹脂塗料 ボンフロン サンバリア®
  • 高耐候性常温硬化型フッ素樹脂塗料 ボンフロン®とは
  • ボンフロン®の環境対応性能 環境負荷を低減

Related site

  • AGCコーテックは、旭硝子(株)を中核としたAGCグループのグループ企業です。

(c) AGC COAT-TECH CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.